水を飲むだけでデトックス効果がある

水を飲む女性 人間の体は大半を水分が占めています。胎児に至っては約90%を占め、成人を過ぎると50%〜60%になり、加齢とともにその量は減少していきます。体内の3分の2は細胞内に存在しており、残りは細胞間液と血液に存在します。体内の細胞のほとんどが水分により機能しているため、摂取を怠ると人間は生きていくことができません。血液採取により血液量が減ると、体内の水分量も減ることになります。その量が2%減少するだけでも食欲不振や頭痛といった異変があらわれる場合があります。水は体にとって必要不可欠なものであることが分かります。
成人の場合は、1日において2〜2.5リットルの量が必要ですが、そのすべてを飲料から摂取できるわけではありません。また、コーヒーやアルコールなどでは十分な量を摂取することは不可能です。アルコールやカフェインは利尿作用も高いため体外に排出されやすくなるため、脱水の原因にもなるといわれています。体が必要とする水分は、飲み物からだけでなく食べ物からも摂ることになります。肉や魚、野菜や果物をバランスよく摂取することが必要分の確保にもなるのです。
1日の生活おいて尿や汗により約1.5リットルは失われます。夏場はもっと多くなります。少なくてもそれと同量かそれ以上を飲むことが必要となります。ただし、飲み過ぎや1回の摂取量が多すぎることは腎臓への負担となりデトックス効果を弱めてしまいます。コップ1杯程度の量を1日かけて、8〜10回ほどに分けて飲むことが美容やダイエットには効果的です。また、デトックス効果を得るためには、寝起きや食前、運動後などに常温で飲む方がより効き目を感じることができます。

水がもたらす様々な効果

体内に水が入る、と血液の流れが促進されるため体温の上昇につながり、新陳代謝をアップさせ、エネルギー活動を活発にしてくれるのでダイエットが期待できます。人間の基礎代謝は、体温と非常に深い関係があります。体温が下がると免疫力も低下することが知られています。体温の上昇は脂肪の燃焼を促し痩せやすい体質へと変化させてくれます。
体に取り込んだ食べ物は、栄養を消化・吸収した後に余分なものは尿や便となり排出されます。不要となったものは老廃物として蓄積されますが、水を飲むことでその排出がスムーズに行われます。十分な量を摂取することで、体内の老廃物や毒素を排出するデトックス効果が期待できます。デトックスの作用が高まると体調や肌の調子もよくなり美肌になることも望めます。年齢を重ねるほど乾燥によるかさつきは目立つようになります。肌はいくつもの細胞から形成されていますが、それらの細胞は水分により正常な働きをします。
デトックス効果が高まると腸も活発に動くようになります。便秘の原因は水分不足や腸の動きが鈍くなることが原因です。動きの鈍くなった腸内で固くなった便が排出されにくくなってしまうのです。腸内環境を整えて便秘の解消を行うことは、肌のトラブルの改善にもなります。デトックス効果を高めることは、腸や肌には大変良い影響があるといえます。
水を飲むことはリンパの流れも促進します。リンパの流れが滞ると免疫機能が低下するとともに、老廃物が体に溜まりむくみの原因にもなります。適切な水分の摂取と定期的に体を動かすことやリンパマッサージを行うことが大切です。

CoolQooクールクー